●人財育成と「メンター制度」

いつの時代にも言われる言葉に「事業(企業)は人なり」というフレーズがあります。今、企業は、規模の大小を問わず、人財に関して、また、組織運営に関して様々な問題を抱えています。そして、それらの問題や課題が共通しているという現象が見られます。正に「事業(企業)は人なり」を実感せざるを得ない状況ですね。

「メンター制度」は、人財に関する問題や課題の多くを解決してくれるスグレモノと言うことができます。そんな「メンター制度」の様々な側面をシリーズでご紹介させていただきたいと思います。

 ●このコラムは、次のようなニーズをお持ちの方に、是非、お勧めします

・これからの新しい人財育成について考えたい。
・具体的に「メンター制度」の導入を考えている。
・「メンタリング」とはどんなものか知りたい。
・組織の活性化の方法を探している。
・将来、素晴らしい「メンター」になりたいと思っている。
・その他、人の成長と成功の為に親身になって取組みたいと考えている。

●「メンタリング」って何?

情熱を持った支援者(メンター)が、支援を必要とする人(メンティ)に対して 成果と効果の両面において、共に学びながら一定期間継続して行う支援行動全体を“メンタリング”と呼んでいます。従って、メンタリングでは、相手を無条件に助けるのではなく、最終的には、その人が自立して考え、行動できるように導きます。
イキイキワクワクと目標に向かっている人を想像して下さい。元気、やる気のない人をそんな風に変化させることをメンタリングととらえる事もできます。この状況は、会社においては上司・部下、学校においては生徒と教師、家庭においては親と子供、病院においては医師と患者・・・と社会のほぼ全てのところで見ることができます。

●企業ではど扱われているの?

今、多くの組織(会社等)でメンター制度が導入され始めています。制度として運用される場合は、特定の目的(キャリア支援、個人目標の達成、組織の活性化、等など)を達成する為に構造化され、ルール化されて実施されます。従って、期間、メンタリングの目的、マッチングの方法、報告の様式、面談の頻度、等・・・人事や人材育成等の担当部署が決定することになります。このように制度として行うメンタリングをフォーマルメンタリングと呼びます。

●「メンター」ってどんな人?

メンターとは、一言で言うと、支援マインドを持ち、メンティへの内発的モチベーション(強制や押しつけではなく、自分からやりたいという動機)を高め、メンティの自発的行動を誘発し、課題(目標)の達成や問題の解決に到達できるよう随所において支援する人のことです。家庭・学校・企業・医療機関・福祉機関・コミュニティなど、誰かの支援を必要とする人が集まる全ての場においてメンターが存在します。

上記の定義は、少しハードルが高いと感じるかもしれませんが、メンタリングの姿勢とスキルを身につければ、誰にでも実行できます。それでは、具体的にメンティから見た、理想のメンター像を機能別にピックアップしてみましょう。

①コミュニケーション
どんな内容でも(場合によっては仕事以外の内容)気軽に相談でき、うまく行かない時などは、悩みや愚痴を聞いてもらえる存在であること。

②社内コーディネート
メンティの仕事の成果やポテンシャルを適正に評価し、社内でのネットワーク(人脈)づくりを支援したり、将来におけるメンティの社内で活躍できる可能性を具体的に示唆してくれたりする存在であること。これは、表面的な評価では分からないような社内に内在する能力を早期に発見し、会社に役立てる作業とも言えるでしょう。

③キャリアモデル
メンターの生き方を見本にして、メンティが自分のキャリアを考えることができるような存在であること。もちろん、メンターとメンティは同じキャリアを進む訳ではありませんが、仕事に対する姿勢やキャリア自体に対する考え方は、メンターが大きく影響を与えることになります。

メンター制度のコラムは続編がございます。今回は「メンター」や「メンタリング」の基本的な概要を書かせて頂きました。
次回は、「なぜ、今、メンターが求められ続けているのか」をテーマに書かせて頂きます。

続きを読む