2017年5月5日情報更新

1.本プログラムの主旨

統合共育研究所の代表である大野雅之は、約30年間、“人が元気に本気に幸せを追求する”ことができるような教育プログラムを開発して来ました。企業の人財育成が中心ではありますが大学や高校、少年院、政府機関・・・等でも同様のプログラムを運営して参りました。また、自らが学長を務めるメビウス人財育成グラジュエートスクール(MGS)では、多くの40歳以上の社会人がパラダイムを変化させ、自らの幸福を目指して元気/本気の生き方を選択していく姿を目の当たりにして来ました。そして、今、私達は、こう考えます。できるだけ多くの若年層の方々にこのプログラムを体験していただきたい。早ければ早いほど可能性が広がります。
※弊社主催の公開講座も開催しております 公開講座では「Live活セミナー」(U35社会人対象)とてご案内しています。
http://togo-mentor.co.jp/secondf/2269.html

 

2.Live 活(リブかつ)とは

Live 活とは、単に生きる(Live)のではなく、プロアクティブ(能動的)に“自分らしく、幸せに”生きる活動のことを言います。時代や環境を意識しつつも、それらに流されて生きるのではなく、自己決定と自己選択によって「自分自身」を活かす活動のことです。

この研修では、そのような「活動」を実践する為の姿勢とスキルを学びます。

3.このような社員におススメです

○心身の健康が気になる
○人間関係(職場・プライベート)で悩むことが多い
○夢や目標が明確とならない
○夢や目標をどう実現したら良いか分からない
○自分の人生に自信が持てない

4.研修の概要

本研修は、単なるレクチャーではありません。抽象的な概念ではなく、全て具体的なワークを中心とした実践形式の内容となっています。扱うテーマは下記の内容を中心としますが、企業のニーズに応じて、多少異なる場合もございます。ご相談させていただきながら内容の構築をさせて頂きます。

・人間力とは何か、どう高めることができるか
・脳科学がアプローチする「脳内変化」と「生き方」の関係性
・思考、感情、行動、生理反応の目に見えない関係
・深い自己理解はどこから来るか
・関係性を深く理解する(仕事と人生・自分と環境・自己と他者・等)
・人生に於ける問題や課題の意味と意義

*研修担当者様へのお願い:
この研修は、個人ワーク、ペアワーク、グループワークを中心としますので、参加中は、ある程度の自己開示力が求められます。また、全てのワークで他の受講者との積極的なコミュニケーションが求められます。

5.研修費用など諸条件

 研修費用は所要時間、受講者数によって異なります。まずはご相談ください。

 お申込方法・お問合せ
まず、お電話、或いはメールにて御社のニーズをお聞かせ下さい。

 ◆お電話:045-482-7291  担当:新田

◆メール:mail@togo-mentor.co.jp
    ・御社名 ・ご担当者名 部署 ・連絡先 (TEL・御社ご住所) ・その他 ご質問など メールでご連絡をいただける場合は、以上の内容をご記入下さい。