DSC00579 200 0607 身体知コミュニケーションワーク2 0607 身体知コミュニケーション 久美ちゃん DSC00398  200


各社員が各自のストレス対処能力を向上させると共にストレス要因を減らす環境づくりができるようになる研修をご提供いたします。
知性・理性だけではなく、感性や行動を通してストレスの対処に必要な知識、マインドを身につけ、日常に実践できるストレスに対処する具体的行動が学べるワークショップ形式の企業内研修です。

1.研修の3つの目的

この研修の3つの目的は:
◎ストレスと心の病への理解を得ることができる。
◎ストレスの対処ができるようになる。
◎ストレス対処を通して人生の質を高める切り口を得ることができる。

2.研修の内容

各企業のニーズに応じて内容の編成を行います。

●ストレスとは何か
●心を元気にする為の人間力理解
●ストレスフリーになる4つのアプローチ

ワーク例:

・視野を広げるワーク ・呼吸ワーク 
・姿勢ワーク ・センタリングワーク
・骨導ハミングワーク ・リフレーミング 
・ラバンシステム ・ペンテクニックワーク 
・観察力ワーク ・表情(理解)ワーク
・ミラーリング ・ペーシング
・パラフレーズ ・リーディングなど

 

3.講師の紹介


○梶谷久美子 (かじたに くみこ)

株式会社ドリームクエスト サウンド 代表取締役
桜美林大学非常勤講師
アンティオーク大学大学院修士課程卒業(異文化コミュニケーション専攻)
異文化コミュニケーションコンサルタント
EQGA公認EQトレーナー及びプロファイラー
国際メンターシップ協会チーフ・エグゼクティブメンター
トマティス聴覚カウンセラー
ヴォイスアナリスト
ヴォイスコンサルタント
ヴォイスヒーリングトレーナー
クォンタムタッチプラクティショナー
大学、大学院大学にて「パブリック・スピーチ」「対人コミュニケーション」「身体知コミュニケーション」を教えるかたわら、企業、公官庁にて、「EQコミュニケーション」「多様性のコミュニケーション」「チームビルディング」「メンタルヘルスケア」「潜在能力開発」「願望実現」等の研修活動を行っている。
コミュニケーション教育を専門とし、特にEQ(Emotional Intelligence Quotient:感情知能指数)のトレーナーであることから、「心」や「気持ちのやりとり」を大切にしたコミュニケーション能力向上のためのプログラムを開発してきた。また、「心と身体と思考を繋げる」という考え方のもとに、頭で理解するだけでなく、身体を動かしながら学び、心の動きや感情の変化を体感するための体験学習形式をとっている。既存の理論やスキル習得を中心にした研修では得ることのできない深い気づきと実践力を身につけることができる。

○大野雅之 (おおの まさゆき)
株式会社 統合共育研究所 所長
メビウス人財育成グラジュエートスクール 学長
NPO法人国際メンターシップ協会 理事
州立オレゴン大学院修士課程卒業。帰国後、日本の教育機関に所属し、アメリカ、イギリス、カナダ、オセアニア等様々な国の教育機関や教育プログラム実践者を訪問し、グローバルエデュケーションモデルを模索。東洋思想、インド思想などとの出会いから東洋と西洋を融合するホリスティック教育を目指し、広範囲の教育ツールを研究、実践する。
平成17年に「共育・共創・共進化」を基本コンセプトにした統合共育研究所を設立し、現在は、企業の人材育成と学校教育の両分野で価値のブレークスルーを通してモチベーションを高める独自の手法を用い、研修、講演活動などを行っている。

 

4.研修費用及びお申込み方法

①研修費用は所要時間、受講者数によって異なります。まずはご相談ください。

② お申込方法・お問合せ

まず、お電話、或いはメールにて御社のニーズをお聞かせ下さい。

◆お電話:045-482-7291  担当:新田

◆メール:mail@togo-mentor.co.jp
    ・御社名 ・ご担当者名 部署 ・連絡先 (TEL・御社ご住所) ・その他 ご質問など メールでご連絡をいただける場合は、以上の内容をご記入下さい。